スポンサーリンク

GAEとロードバランサ(Serverless NEG)を連携したので、ロードバランサのログを有効にする

この記事は約2分で読めます。

小ネタです。

前回の記事でGAEとロードバランサ(ServerlessNEGを利用)を連携させたので、ロードバランサのログを取らなきゃなと思いCloud Console上から設定しようとしたのですが、、、

画面にログ有効化の設定箇所が表示されません。

ServerlessNEGが現状beta版だからでしょうか?

Cloud SDKから設定する事にしました。

スポンサーリンク

Cloud SDKのコマンド

gcloud compute backend-services update 【ロギング対象のロードバランサ・バックエンドサービス名】 
    --enable-logging 
    --logging-【サンプルレート数。0.0〜1.0の値で指定】 
    --region=【リージョン名】

region=globalだとコマンドエラー

当ブログのバックエンドサービスはリージョンをグローバル指定にしているので、ログのスコープもグローバルにするため、--region=globalを指定したところ、

ERROR: (gcloud.compute.backend-services.update) Could not fetch resource:
 - Invalid value for field 'region': 'global'. Unknown region.

何故か怒られました

--region=globalを省きコマンド実行すると、シェル上に

choose a region or global:
[1] global
[2] region: asia-east1
[3] region: asia-east2
[4] region: asia-northeast1
[5] region: asia-northeast2
[6] region: asia-northeast3
[7] region: asia-south1

(略)

と表示されるので、[1] globalを選択し対処しました。

これもbeta版Serverless NEGを使っているからでしょうか??

スポンサーリンク

ログビューアで確認

[Cloud Console]->[ロギング]->[ログビューア]でロードバランサのログ収集されているか確認します。

ロードバランサ(エンドポイント:ServerlessENG)のログを拾ってきていますね。

zoneもglobalになっています。

このログもBig Queryに放り込み、分析やGCPの機能学習等に活用してみようと思います。

スポンサーリンク
GCP
ヤマログ
タイトルとURLをコピーしました