スポンサーリンク

WordPressにCloudFront Clear Cache(C3)プラグインを設定する

この記事は約2分で読めます。

WordPressの記事を編集や訂正、テーマを編集する都度、CloudFrontでキャッシュを削除してましたが、手間になってきたのでCloudFront Clear Cache(以下C3)プラグインを設定しました。

スポンサーリンク

C3用IAMユーザーの作成

IAMコンソールを開き、[ユーザー]->[ユーザーの追加]をクリックします。
WordPress-Plugin-C3-IAM-Menu

ユーザー名を入力し、

  • ユーザー名入力
  • アクセス種類:プログラムによるアクセスにチェック

にした上で、[次のステップ:アクセス権限]をクリックします。
WordPress-Plugin-C3-IAM-Setting-1

[既存のポリシーを直接アタッチ]をクリックし、[ポリシーのフィルタ]で[CloudFront]を入力します。
[CloudFrontFullAccess]をチェックし、[次のステップ:確認]をクリックします。
WordPress-Plugin-C3-IAM-Setting-2

確認画面で設定内容を確認し、[ユーザーの作成]をクリックします。
WordPress-Plugin-C3-IAM-Setting-3

IAMユーザーが作成されました。
画面に表示されるAccessKey/SecretKeyを控える、またはCSVファイルをダウンロードしておきます。
WordPress-Plugin-C3-IAM-Setting-4

スポンサーリンク

C3プラグインのダウンロードと有効化

こちらよりダウンロードして有効化して下さい。

スポンサーリンク

C3プラグインの設定

WordPress管理画面メニュー左に[C3 Settings]にというパネルが追加されます。

  • CloudFrontDistributionID
  • 先ほど作成したC3用IAMユーザーのAccessKey/SecretKey

を入力し、保存すれば設定は完了です。
WordPress-Plugin-C3-Setting-Menu

ちなみにAMIMOTO版WrodPressでは

C3は最初から含まれています。
WordPress管理画面メニュー左の[amimoto]->CloudFrontよりC3設定を行います。
このあたりは環境や構成によって変わるんじゃないかなと思います。
WordPress-Plugin-C3-Amimoto

参考情報

WP-Kyoto:WordPressの前にCloudFrontを置くためのプラグイン「C3 Cloudfront Clear Cache」を作った話

スポンサーリンク
IT・Web AWS
ヤマログ
タイトルとURLをコピーしました