JBL Professional 104 BT-Y3 レビュー

この記事は約8分で読めます。

ZEN DACの購入と合わせ、PCスピーカーをJBL Professional 104 BT-Y3に新調しました。

当初はPCスピーカーの新調は考えていなかったのですが、オーディオYoutuber・アンソニーさんの動画をみて、価格も安く、良さそうと思い購入に踏切りました。

JBL PROFESSIONAL 同軸2way スタジオモニタースピーカー「104-BT-Y3」レビュー

スポンサーリンク

JBL Professional 104の特徴

オーディオ機器ですが、

  • コンシューマー(一般消費者)向け
  • プロフェッショナル(業務用)向け

に大別出来ますが、このスピーカーは後者のプロフェッショナル向けの同軸2wayモニタースピーカーとなります。

ちょっと聞き慣れない用語が出ているので、軽く補足します。

  • モニタースピーカーとは

音の作り手や動画編集者が、狙い通りの音が出ているかチェックする際に使うスピーカーです。

ノリノリで聴くスピーカーのような音の味付けがされていない、フラットな音を出すスピーカーとなります。

  • 同軸2wayとは

1つのコーンに、ウーハー、ツイーターがパッケージングされているものを指し、音の繋がりが良いであったり、定位感が良いという特徴がありますが、価格が高いというデメリットがあります。

JBL Professional 104ですが、

  • スピーカーのみのモデル(型番:104)
  • Bluetoothレシーバー搭載モデル(型番:104-BT)

と2タイプのモデルが販売されています。

スイッチ類がついている側のスピーカーはアクティブスピーカー(アンプ搭載)なので、PCやDAPと有線で繋げばすぐに楽曲が聴けますし、Bluetoothレシーバー搭載モデルだと、スマホからBluetoothで繋ぐだけですぐに楽曲を聴くことも出来ます。

※スイッチ類がない側のスピーカーとはスピーカーケーブルと有線接続します、こちらの方はパッシブスピーカーになります。

  • 型番末尾にある「Y3」について

国内販売代理店:ヒビノが取扱う3年保証モデルを指します。

平行輸入品は保証期間がこれより短いので、Y3がついているモデルを選ばれた方が無難です。

※上記商品リンクは双方Y3モデルです。

スポンサーリンク

音質評価

試聴環境

PC→(USBケーブル)→ZEN DAC→(4.4mm⇄TRS端子変換ケーブル)→JBL Professional 104 BT-Y3

という構成で、バランス接続環境です。

バランス接続の詳細については次の項目で述べているので、そちらをご覧下さい。

音質評価

高音の質

Rating: 4.5 out of 5.

中音の質

Rating: 5 out of 5.

低音の質

Rating: 4.5 out of 5.

細やかさ

Rating: 4.5 out of 5.

迫力

Rating: 4.5 out of 5.

音場

Rating: 5 out of 5.

バランス接続にした効果が非常に大きいのもありますが、

  • 各帯域の音の細かさや分解度粒立ち
  • 音場表現

は申し分なく、このスピーカーを使う前に使っていた、Kripton KS-3HQMより格段に音が良いです。

低域しっかり出ていたことにも驚きました。

駆動力も相当なもので、ボリュームのつまみを50%以上に上げると、近所迷惑になるレベルの音量を出力しますが、音割れはしません。

価格を考えると非常に優秀なポテンシャルを持っているスピーカーだと思います。

ただ、所有しているモニターイヤホン:Shure SE846の音と比べると音が少し派手に感じました。

音質傾向としてはモニター寄りのフラットではなく、若干リスニング寄りな音質傾向だと思うので、本格的な制作音チェックには向かないかもしれません。

簡易的な制作音チェックで使えるスピーカーとお考え頂いた方がいいかと思います。

国内販売代理店:ヒビノのYoutubeチャンネルにプロミュージシャンや音楽製作者による、本機のレビュー動画が多数あがっているので、当スピーカーにご興味ある方はこちらもご覧頂けたらと思います。

スポンサーリンク

バランス接続

こちらはifi Audio ZEN DACを利用している場合の方法となる点、ご承知おき下さい。

ifi Audioの国内販売代理店:トップウィングが発売しているZEN DACとJBL Professional 104をバランス接続する専用ケーブル「White-Barrel-4.4TRS」を使用することで、バランス接続サウンドをこのスピーカーで楽しむことが出来ます。

RCA接続より、格段に音の細やかさや粒立ち、音場表現が向上するので、是非お試し頂ければと思います。

スポンサーリンク

リケーブル

イヤホンのリケーブルされた方なら、リケーブルによる音質向上はご存知だと思いますが、スピーカーケーブルも無論、リケーブルにより音質向上します。

何かないかなと思い探していたところ、日本の販売代理店・ヒビノがJBL Professional 104シリーズ向けスピーカーケーブルを販売していたので、こちらを購入しました。

高純度無酸素銅(純度は不明)の恐らく4芯のケーブルだと思います。

標準のケーブルより、明らかに

  • 音の解像度の向上
  • 音の量感の向上

は感じられ、ケーブルの材質特性による効果がよく出てると思います。

(中高音を向上させたい場合は銀メッキ銅線のケーブルを使われた方がいいかもしれません)

値段も高くないので、スピーカーケーブルのリケーブルもお試し頂けたらと思います。

スポンサーリンク

デザイン、剛性、質感

スピーカーといえば、ブックシェルフ型(箱型)のものが大半を占めますが、このスピーカーは縦長の楕円形です。

サイズもスピーカーにしては小さい方なので、設置スペースにゆとりがあれば大きくて困るサイズ感ではないと思います。

本体重量は2kg弱あるので剛性はしっかりしていますし、筐体の質感はツルツルではなくマットな質感なので、持ち運び時に滑ることはないと思います。

特に不満はありません。

スポンサーリンク

良い点

自動スリープ機能

20分間スピーカーに信号受信がない場合、自動でスリープモードに入ってくれます。

スピーカーの待機電力がどれくらいかは分かりませんが、エコでいいなと思ってます。

※自動スリープ機能をオフにすることも出来ます、手順については公式マニュアルをご覧下さい。

音の指向範囲が広く定位を取りやすい

頭の位置やスピーカーの設置位置によって、左右の音のバランスに違和感を感じたことはあるかと思います。

(定位がズレている状態)

同軸スピーカーは音の指向範囲が狭い特性上、ベストな定位を取るのが難しいですが、このスピーカーは音の指向範囲が広いので、頭の位置やスピーカーの位置が適当でも定位がズレていると感じることはないです。

このあたりが使いやすいスピーカーだなと思っています。

価格が安い

同軸スピーカー、いいものとなると、1つで10万円以上するそうですが、当記事執筆時点のAmazonの販売価格が、

  • スピーカーのみのモデル(型番:104):¥16,280
  • Bluetoothレシーバー搭載モデル(型番:104-BT):¥22,330

と、非常にお求めやすい価格になっています。

(ペアでこの価格です)

この価格だからこそ、今回購入に踏み切りました。

スポンサーリンク

気になる点

起動音が大きい(しかも調整不可)

電源ONにした後、しばらくすると「ドゥゥゥゥゥン」という起動音がしますが、この音がかなり大きく、ボリュームノブでの調整も不可です。

ここまで大きい起動音は不要です。

せめてボリュームノブで設定している音量と連動して欲しかったです。

Bluetoothペアリング時の音も大きい

Bluetooth搭載モデルが対象となりますが、こちらも起動音に引けを取らない大音量が鳴ります。

起動音と同じく、ここまで大きい起動音は不要ですし、ボリュームノブで設定している音量と連動して欲しかったです。

対応コーデックがSBC,AACのみ

こちらもBluetooth搭載モデルが対象となりますが、対応コーデックがSBC,AACのみです。

私は有線接続利用がメインなのと、iPhoneユーザーなので問題ないのですが、気になる人は気になるポイントなんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク

まとめ

DACを介しバランス接続をするといったチューニングを施していますが、上質な楽曲再生環境が整ったと感じています。

以前使っていたKripton KS-3HQMより格段に音質は向上しています。

同軸スピーカーですが、耳の高さと同じ高さにスピーカーコーンがあるのがベストな音が聴けると言われてますので、スピーカースタンドの購入を検討しています。

(購入したら記事を書くかもしれません)

低価格なのに非常にポテンシャルが高いスピーカーです、PCオーディオ環境の構築をご検討されている方、候補に入れては如何でしょうか?

スポンサーリンク
ガジェット
ヤマログ
タイトルとURLをコピーしました