Apple MusicのALAC(Appleロスレス)音源をMacで試聴する方法

この記事は約3分で読めます。

WWDCのタイミングに合わせ、2021年6月8日にApple Musicのロスレス、ハイレゾ・ロスレス音源(ALAC,Appleロスレス)の配信が始まりました。

Macで試聴するにあたり必要なことを記事にしました。

スポンサーリンク

ALACのサンプリングレート

  • ロスレス:48kHz/24bit
  • ハイレゾロスレス:最大192kHz/24bit

となっていて、CDより高音質です。

※CDのサンプリングレートは44.1kHz/16bit

スポンサーリンク

試聴に必要な機材

ハイレゾ再生可能なDACアンプ

PCに搭載されているDACチップではALAC再生に必要な音質条件を満たせません。

ハイレゾ再生可能なDACアンプが必須となり、こちらをMacにつなぐ必要があります。

試聴機器

スピーカーやヘッドホン、イヤホンといった試聴機器も必要になります。

試聴機器をハイレゾ再生可能なDACアンプに接続することでハイレゾ・ロスレス音源が試聴可能となります。

スポンサーリンク

設定

Musicの設定

Musicを起動し、メニューバーの[ミュージック]->[環境設定]をクリックします。

設定画面の[再生]タブで以下の設定を行います。

  • ロスレスオーディオ:チェックをオンにする
  • ストリーミング:ハイレゾロスレスを選択
  • ダウンロード:ハイレゾロスレスを選択

Macの設定

DACアンプが起動・Macに接続されている状態で、macOS標準アプリ:Audio MIDI設定を起動します。

左側のメニューでDACアンプを選択し、プロパティ-フォーマットの値を2ch32ビット整数 192.0kHzで設定します。

ALACで再生されているか確認するには?

Musicの上部中央に再生中の楽曲の表示欄がありますが、右上にアイコンが表示されていれば、ALACの音源を再生しています。

表示されない場合はAAC音源を再生しています。

アイコンをクリックすれば、サンプリングレートを確認することができます。

スポンサーリンク

補足:iPhoneでALAC音源を試聴する方法

eイヤホンさんのYoutubeチャンネルで試聴方法が紹介されていました。

ご興味がある方はご覧下さい。

※DACアンプとiPhoneとの接続に必要なApple純正のカメラコネクタが必要になります。

Apple Musicがハイレゾ・ロスレス配信開始したけど、どうやって聴くの?実際の音質はどう変わるの?試してみた

スポンサーリンク

音質やALAC対応状況など

音質

ハイレゾ・ロスレスの明らかに音源はボーカルの質感向上や、繊細な音の明瞭度向上など感じられ良かったです。

ALAC対応状況

当記事執筆時はALACリリース直後なので、ハイレゾ・ロスレス対応の楽曲はまだ少ないかもしれませんが、時間の経過と共に対応楽曲は増えていくと思います。

手持ちの楽曲だと宇多田ヒカルさんの楽曲は概ねハイレゾ・ロスレスに対応していました。

ロスレス音源の楽曲は意外と提供されているなという印象です。

スポンサーリンク

まとめ

ハイレゾ音源に否定的だったAppleが、突如ハイレゾ音源市場に参入するというニュースを聞いた時は驚きを禁じえませんでした。

AppleMusicのハイレゾ対応の可能性は低いと思っていたこともあり、AppleMusic解約してTIDAL契約を検討していたので、今回のサービス開始は非常に嬉しいです。

今回高音質化したにも関わらず、お値段据え置き、月額980円という安さは競合サービスに対して大きなアドバンテージがあると思います。

スポンサーリンク
ガジェット
ヤマログ
タイトルとURLをコピーしました